10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

渋さ+艶=セクシー
Update:2018.04.23

新たな出会いを迎える4月。
新社会人の皆様は新たな環境に慣れながら、社会人としてのリズムも徐々につかみかけている時期でしょうか。
配属された部署にどんな上司がいて、どんな人なのか、新たな人間関係も構築されて来るのもこの時期。
右も左もわからぬこんな時期に、こんな貫禄があってダンディーな上司がいたら、新入社員は間違いなくついて行きたくなること間違いなし。
そんな今回のコーディネート。

スーツは「De Petrillo」のブラウンスーツ。
2018SSの注目キーアイテムでもある“ブラウンスーツ”は、ソフトな仕立ての物を選ぶのが吉。
De Petrilloのスーツはかっちりとした表情でありながら、使用している生地、そして仕立ては非常にソフト。
動きが出た際も突っ張ることなくしっかりとついてくる肩回りの仕立て、男性的なVゾーンに見せるウエストのシェイプが品ありな大人の男性像を生み出します。
ともすれば秋冬のような渋すぎる印象にもなりかねないブラウンカラーは程良い光沢感のあるウール素材、更にブルーカラーのストライプを挿すことによって春夏らしい爽やかさ、軽さを演出します。

シャツは「BARBA」のドレスシャツ。
当店ではシャツにおいて不動の定番ブランドとして認知されている“BARBA”。
襟の立ち方、肩回りの動きの出し方、絶妙な塩梅でフィットしてくれるシェイプされたウエスト。全てが高いレベルで融合しているこちらのシャツは一度袖を通すとリピ買い間違いなしの一枚。
カラーはホワイトではなくスーツのストライプに合わせてサックスブルーにすることで、色のコントラストも強く出ず、まとまりのあるコーディネートに仕上がります。

シューズは「CARMINA」のリザードローファー。
なかなかファーストチョイスでこれを持ってくるのは上級者かもしれませんが、素材感、デザイン、問題なく使える職種であれば是非チャレンジしていただきたい一足。
クロコと異なりより細かな斑の表情のリザードレザーは、ぎらついた印象が抑えられていやらしくない光沢感がオンオフ兼用できそうな雰囲気。
ほんのり長めのラウンドトゥのラストを使用することで、ある時はぽってり靴、またある時はシャープなドレスシューズと同種のカメレオンの様にそのテイストを変化させることができる一足に仕上がっております。
リザードレザーの光沢感、そして素足履きがセクシーさを演出します。

出来る上司は持ち物もスマートに。
財布などはポケットに入れるのでなく、「cisei」のクラッチバッグにイン。バッグを持つことでスーツのシルエットを崩すことなく、スマートな立ち姿を演出します。
上質なレザーにブラックカラーのシンプルなクラッチですので、冠婚葬祭どの場面でも使える万能さも魅力的です。

チーフとタイはカラーのまとまりを出すためにブルーカラーで統一。
特に「FRANCO BASSI」のタイは締めやすく、ディンプルも作りやすいので、簡単に美しいVゾーンを作ることが出来ます。

年齢を重ねることによって生まれてくる渋さ。洒脱な貴兄は是非そこに“艶っぽさ”のエッセンスを加えてみてください。
一気にセクシーな男性像が出来上がりますので、今年の春夏は“艶”を探してみては?

ページトップへ
ページトップへ