10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

大人なミリタリーの取り入れ方
Update:2018.11.21

“ミリタリーウェア”と聞くと皆様どのように感じるでしょうか?
アメリカ、フランス、ドイツといったように国が思い浮かぶ方、古着が思い浮かぶ方、ALPHA、SANDERSといったブランドが思い浮かぶマニアックな方、様々いらっしゃると思います。
そんな意見を差し置いて多そうなのが「野暮ったい」という意見。
どうしてもサイズ感が合わず、コーディネートに組み込みにくいという印象をお持ちの方が多いと思います。
その一方でドレッシーなスタイリングからワイドパンツが多くなりはじめ、ルーズなシルエットが出始めている今、ちょっと取り入れたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ミリタリーアイテムは機能性に特化し、デザインは極力シンプルにされたものが多いです。
服としての完成度の高さから、多くのデザイナーがデザインソースにしてきました。そして、そのデザインソースが何なのかを探す方が殺到し古着価格の高騰が起きることも。
ただやっぱりシルエットは当時の物なのでどうしてもオリジナルを着るのは・・・となることも多いのもまた現実。
というわけでいっそ開き直って今のシルエットで今の機能でミリタリーを着ようというのが本コーデ。

「HERNO」のコートは名作として名高いN-3Bをデザインベースにした一枚。
シルエットをスッキリとさせ、よりモダンに、ダウンを使用することでより暖かく仕上げました。
特筆すべきはその表地。「Loro Piana社」のグリーンストームシステムを採用したウール地を使用し、撥水性、防風性に長けた生地感に仕上げています。
(※グリーンストームシステム:50%再生可能な植物由来のバイオベース膜を使用するだけでなく、環境に悪影響を及ぼす過フッ素化合物類を取り除いたレインシステム加工)
野暮ったさはなく時期的にもトレンド的にも「イマ」着たい一着に仕上がっています。

ニットは「Cruciani」のタートルネックを。
上質なウールを使用しておりますので、あの嫌なチクチク感がなく、気持ちよい肌触りをご体感いただけます。
更にネック部分をミドルゲージ、身頃・袖をハイゲージと編地を変えております。
本STYLE の場合はそのままアウターですのでイメージがわきにくいかもしれませんが、ジャケットを着用した際にこの編地の違いが実感できるはず。
身頃・袖がハイゲージですのでジャケットを羽織っても着ぶくれすることなくすっきりとしたシルエットを維持。それでいてニットのボリューム感、温かみのある表情は首元のミドルゲージで表現。
と、実用性とデザイン性の高さを兼ね備えたアイテムに仕上がっています。ミリタリーウェアに近い完成度の高さを感じます。

パンツはINCOTEXのジャージパンツを。(STYLE更新までの間に完売してしまいました・・・すいません。)
デニムを合わせるのは勿論、モダンなシルエットな分スラックスできれいめに合わせるのもよし。ちょっと変化球でイージーパンツを合わせるのも大人な崩し方かと。

シューズは「CALCE」のマウンテンブーツデザインスニーカー。
ん?このデザイン、色味、ボリュームはブーツのそれじゃないの?と思われがちですが、あえてスニーカーと言い張ります。
ソールに軽量素材を使用することで、その履き心地はまさにスニーカー。
ブーツのあの重さで疲れる感覚はなく、さくさくどこまでも歩いていただける一足です。


冷えてきたら巻きたい「Joshua Ellis」のストール。
自分で巻くのもいいですが、隣にパートナーあるいは意中の女性がいれば是非巻いてあげてください。
ソフトなカシミヤを使用した大判のストールはその肌触りの良さ、暖かさが段違い。
干場流に香りをまとわせておいて巻いてあげるのもオススメ。

今着たいミリタリー。
オリジナルを着るのもよいですが、モダンにアップデートされたミリタリーの香りがするアイテムを着るのが大人の楽しみ方。

RANKING

  • MEN'S
  • LADY'S
ページトップへ
ページトップへ