10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

白ジャケで夏のドレススタイル
Update:2019.05.11

大人の男性たるもの、どんなシーズンでも品のあるスタイルは忘れたくないところ。
今回は大人の男性に捧ぐ夏のドレススタイルということでこんなコーディネートを。

ジャケットは昨年の初入荷から高い人気を誇る「TITO ALLEGRETTO」のホワイトリネン。
デザイナー自身も愛用するホワイトリネンのジャケットは爽やかな生地感に、メタルボタンの味付けでさりげない重厚感と品の良さをプラス。
着込むほどにシワが入りこなれた風合いに育ち、変わっていく表情も魅力の一着。
今回のコーディネートは半袖のニットを使用しましたが、デザイナー自身が度々スナップされるシャツとの合わせも勿論オススメ。

そして美しいパターンと高い技術があって初めてできるダブルの下掛け。襟が美しくロールするからこそ映え、Vゾーンを艶っぽく見せてくれます。

パンツは「INCOTEX」のVERVEライン。
ポコポコとしたウールコットンの混紡生地とレトロな柄が見事にマッチした一本。
ウエスト部分のフック使いやポケットのリベットなど細かな仕様にも注目の拘りが詰まったモデル。
ホワイトジャケットは同系のグラデーションでまとめると白の強さが出すぎないので、本モデルのようなベージュやウォッシュのかかったブルーなどを持ってくるのが吉。

シューズは「F.lli Giacometti」のグルカサンダル。
サンダル程ラフじゃなく、かといってローファー程のしっかり感じゃない軽さが欲しい時に重宝するグルカサンダル。
ここ数年人気の高いスリッポンデザインのグルカサンダルに今季はエレファントレザーを載せました。
返りの良いレザーソールにしっかりと踵に食いつくヒールカップ。多くのメゾンが生産依頼をかけるファクトリーの一足は持っておいて間違いなしです。

ブラウンのニット、ベージュのパンツ、ブラックのサンダルとややもすれば重さを感じそうなスタイリングに白ジャケを羽織るだけでこの軽やかさ。
食わず嫌いせず是非お試しいただきたいコーディネートです。

RANKING

  • MEN'S
  • LADY'S
ページトップへ
ページトップへ