10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

シアサッカーでも色気をプラス
Update:2019.05.11

夏の定番素材といえばシルク、リネン、コードレーン・・・とありますがやっぱり間違いないのは「シアサッカー」。
ホワイト×ブルー、ホワイト×ベージュといった明るいカラーリングが多く、どうしてもカジュアルでくだけた印象になってしまうというのがこれまでの印象でした。

そんな印象をがらりと変えてくれたのがこちらの一着。今回は“大人の”と銘打ちたくなるコーディネートをご紹介。

 

クラシックとモダンのバランスが絶妙で現在全国的にも爆発的な人気を誇っている「De Petrillo」のスーツ。
ブラック×グレーのシックなカラーリングで仕上げられたシアサッカースーツはこれまでの印象を覆す、大人の色気を感じる、いい意味でエロい一着。
恐らくこれはダブルというのも一因かと。ウエストの程よい絞りに対してワイドなラペル幅。このあたりのパターン使いもさすが。
メイン画像のようにボタンをかけなくてもシャープなシルエットはそのままに程よくラフな雰囲気を印象付けてくれるので、シーンを選ばず使えるセットアップ。

パンツはベルトレス仕様のワンプリーツ。長めの持ち出しなどシルエットはモダンながらクラシカルなディテールを絶妙なバランスで盛り込み、トレンド感もしっかりと抑えた一本。

 

カットソーは「Cruciani」。
ニットブランドの印象が強いですが、カットソーも傑作。程よい光沢感と滑らかな肌触りで見た目から伝わる上質さ。
もちろん着心地も優しく、ネックの開きも程よいので1枚使いから、今回のようなインナー使いまで幅広く対応してくれます。

柄の効いたチーフを挿すことで遊び心、いい意味での隙を見せられますので、思い切った小物選びも重要。
「Kinloch」のシルクスカーフは生地の上質さとポップな柄のギャップが面白い一枚。

シューズは「OFFICINE CREATIVE」のタッセルスリッポン。
このセットアップを着るなら、断然足元はレザーがオススメ。ホースレザーを使用したこちらの一足は、カーフともコードバンとも違う独特な質感が特長。
光沢のある部分とマットな部分とのメリハリがあり、ややノーズの長めなラストに載せることでシャープな印象に仕上がります。

今回はカットソーをインナーに使いましたが、勿論シャツスタイルでもばっちりハマる、むしろ色気が増し過ぎてしまう恐れも・・・
これまでにない“大人の”シアサッカー選びをこの春夏いかがでしょうか。

 

RANKING

  • MEN'S
  • LADY'S
ページトップへ
ページトップへ