10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

レザーさえあれば何もいらない!?
Update:2018.04.23

「レザー」
皮から革になり、染められ、裁断され、縫製され我々の手元にたどり着きます。
その表情は人間同様十人十色。
シワが多い個体もあればパンと張ったお肌の個体も。
種類によっても異なるその風合いに虜になっている女性も多いのではないでしょうか?

「一着買えば、長く着られるし、そんなに何枚も持つものではない」なんてわかっていながら増えてしまうレザーアイテム。
今回は人生初の一着の方も、そうでない方も納得すること間違いなしの一枚を使ったコーディネートをご紹介します。

ノーカラーのレザーライダースは「EMMETI」。
弊社STYLEでも、FEATUREでも登場しているこちらのブランドですが、度々登場してしまう、というよりもはやさせられているといっても過言ではない位の魅力があるんです。
EMMETIは、元々多くのメゾンブランドに革をおろしていたファクトリーが立ち上げたブランド。
その高いクオリティのレザーを惜しみなく使用し、スポーティ、エレガントといったキーワードを盛り込みながら仕上げられる一着はメンズ・レディース共に多くの方を魅了しています。
今季オーダーのレザーは非常に軽量かつ高い柔軟性を持っているのが特長。
ノーカラーはインナーの合わせが幅広く、カットソーからニット、シャツまで相性の良いデザインです。
更に非常に薄く鞣しておりますので、秋冬シーズンではこのジャケット自体をインナーとしても使用できるというのも魅力的。

合わせたシャツは「BARBA」を。
メンズではドレスシャツのブランドとして不動の地位を確立しているこちらのブランド。
レディースアイテムも女性らしいシルエットを最大限に引き出す、パターンと素材使いで非常に魅力的な一着に。
パフスリーブになっておりますので、一枚になった時でもふんわりとしたシルエットで柔らかな印象に。

ボトムスは「SIVIGLIA」のタイトスカートを。
パンツはワイドになる一方で、デニムやスウェットなどのカジュアルな素材のスカートは“タイト”が圧倒的に旬。
バックに入った深めのスリットは足さばきも良くしてくれますし、いやらしくない肌見せがカジュアルな雰囲気の中にも女性らしさを感じさせてくれる一枚。

今季のキーカラー「イエロー」は下半身から取り入れていくのが吉。
今回はシューズ、バッグに入れてみました。
「NAPOLEONI」のフラットパンプスはスエード素材+レーザーカットのデザインが、イエローの強さを程良く押さえてくれるのでキレイ色初挑戦の方も使いやすい一足。
更に浅めのカッティング、透け感ありのデザインで、女性らしさを演出してくれます。

BAGは「ROBERTA GANDOLFI」を。
ラフィア素材が春夏らしい涼しげな印象を与えるバッグは2WAYでお使いいただけます。日中はショルダーでアクティブな印象に、ディナーの時にはクラッチにしてエレガントながら抜け感も感じさせてといった形でオケージョン対応可能です。
イエローはパイピングに使用しておりますので、こちらも色味が強く出過ぎず、幅広いコーディネートにお使いいただける仕上がりです。

ベーシックなコーディネートにキレイ色を挿した今回のコーディネート。
素材感、分量を気を付けると、シンプルながらトレンドもしっかりと抑えた旬な着こなしに仕上がります。
一気に春夏感を演出してくれるキレイ色を味方につけてコーディネートをお楽しみください。

 

今回は「EMMETI」のレザーライダースを着回し。
レザーのカラーを拾いながらのコーディネートと打って変わって、オールブラックコーデにレザーを利かせるコーディネートを組んでみました。
スムースレザーの張りのある質感がブラックカラーの持つ緊張感を崩すことなく、でもどこか柔らかな雰囲気を醸し出します。

ノーカラーなので、程よい抜け感がありかちっとし過ぎないポイントです。

 

ページトップへ
ページトップへ