10,000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

秋色グレーは素材で彩りを
Update:2020.09.23

秋冬になると使いたくなる色、意図せずとも使ってしまう色は様々にあります。
ブラック、ネイビー、ブラウンそしてグレー。
どのカラーともケンカすることなくなじみのいい色“グレー”。それゆえになんか主張が足りないなーと物足りなさを感じて主役には自分の中でなかなかできないカラーでした。
が、今季は「いいじゃん主役!」と思わせるアイテムが揃ったので、打って変わって断然グレー推しです!(節操ない笑)

素材にこだわれば一気に主役

いいじゃん主役!と思わせてくれたのはこの「BARBA(バルバ)」のシャツのおかげ。
今回更新の他のSTYLEでも登場している“シルク”を用いたアイテム達。シルクの持つ光沢感、滑らかさ、美しい生地の動き。
これはいくらグレーでもバイプレーヤーではないでしょ!と。
程よい開きのプルオーバーデザイン。スキッパーシャツの要素もあり、ネックレスやチョーカーなどの首周りのアクセ使いも活きてきて様々な楽しみ方が出来ちゃいます。
もちろんジャケットのインなどにも使えるので、バイプレーヤーとしても活躍できるこの頼もしさ。
シルクは肌触りも気持ち良く、保温性も高いので見た目だけじゃなくて着心地、機能性も見逃せないポイントが多い素材。
シルク、お勧めです!

パンツは「PT TORINO WOMAN(ピーティトリノウーマン)」のHOLLY。
毎回動きの速いこちらのモデルは絞りすぎてないのにきゅっと美しく見えるラインとウールの素材感が見事。
ストレッチも効いているので綺麗でかつ穿きやすいという求めるポイントが全て満たされるというさすがの仕上がり。
淡くブラウンも混じったグレーなので、グレーワントーンだけでなく、ブラウンワントーンにも使えるというのも手持ちのアイテムとの合わせにワクワクしちゃいます。

足元は「PELLICO(ペリーコ)」の新作。
ANELLIのフラットタイプで、パイソン柄のデザインが目を惹きます。寄りでこう見ると強く見えますが、トップ画のように引きで見るとそんなに気にならないですよね?
恐らくベージュやブラウンといったところをベースにブラック、時々ホワイトが混じるのでそんなに悪目立ちするカラーじゃないというのがそう思わせるのかも。
「意外と毒々しさとか蛇っぽさが無くて、なんかいい感じに存在感ありますね。」実際履いて鏡の前に立っていただくとこんな感想をいただく上に、動きが早いのがパイソン柄のシューズのこれまでのパターン。
お急ぎください!

バッグは圧倒的なクオリティとオーラで男女問わずに多くのファンがいる「ALFREDO BERETTA(アルフレッドベレッタ)」。
今季も別注モデルをオーダーしました。おなじみのシボ革を一枚仕立てで使ったボディ。その分非常にソフトでこなれた雰囲気が出せるのが特長。
今回みたいにキレイ目に合わせて上質なレザーバッグ風に持つも良し、あえてラフなカジュアルスタイルに持ってしまってもまた良しな万能バッグです。
これも本格的に欲しい・・・
ただ数が限られてますので、ここは我慢で笑 皆様、私の物欲を鎮めるためにも早めにお願いしますね!笑

私だけかもしれませんが、なかなか主役としてコーディネートを組んでこなかったカラー、グレー。
シルク、レザー、ウールと上質な素材使いにこだわれば一気に主役に。
是非グレーの可能性をこの秋冬感じてください!

RANKING

  • MEN'S
  • LADY'S
ページトップへ
ページトップへ