10,000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

素材選びで一目置かれるオトコになる
Update:2019.12.23

年末も近づいてきた2019年。
この時期といえば職場などの忘年会はある程度終わり、より親しい友人や久々に会う友人たちとの食事などが増えてくる頃ではないでしょうか。
そうなると選ぶお店もゆったりとした気持ちで落ち着いて昔話などに花を咲かせられるところに。
そんなお店では決まって入店早々に誰もが“コートを預ける”はず。
ホテルマンがお客様の靴を見る様に、お店の方は預かったコートでそのお客様がどういう人となりなのかを判断するとか。
他に差をつけ、一目置かれるスタイルはどのようなものなのか。Sugawara ltdらしさを加えてご提案します。

 

コートは「TAGLIATORE」のポロコート。こちらはカシミヤ素材を用いた一着。
経験と共に年を重ねてきた男性にこそ似合うのが“カシミヤ”。たっぷりとした生地感にらしさの溢れるメリハリの効いたシルエットはさすがといったところ。
TAGLIATOREのカシミヤといえば当店でもジャケットやコートで数シーズンにわたり続けて展開しているアイテム。
カシミヤ100%とは思えないプライスを実現し、コストパフォーマンスの高さと確かなテーラリングで当店でも大変好評なアイテムになります。

ポロコートと言えば、このバックベルト。クラシカルなデザインを踏襲しつつ、絞りの効いたTAGLIATOREのシルエットの美しさを一目で認識できる部分。
更に裾の深めのスリットを入れることで、長めの丈でありながら動きやすさ、歩きやすさを実現。
冠婚葬祭どのシーンでも対応できる一着は是非持っておきたいところ。

 

ニットは「Drumohr」のハイゲージタートル。生地メーカーと共同開発を行った生地を使用し、メリノウールを使用したことによる抜群の肌触りと作りで仕上げ。
ハイゲージニットのみの展開となるライン、modernはシンプルでベーシックなデザインに時代と共に進化を続けてきたDrumohrの技術が注ぎ込まれている。
ジャケットなどのドレスアイテムのインナーは勿論、レザーなどのカジュアルアイテムのインナーにもおすすめしたい万能の一枚。
首元には「ARIANNA」のストール。コート同様カシミヤを用いたふわふわの一本。



イタリアブランドらしい作りで、厚みのある見た目ながら着け心地は薄手のストールを巻いた時のような軽さと楽さ。
総柄とはいえいつの時代も普遍的に提案されるヘリンボーン柄ですので、飽きずに使えるはず。
ぐるぐると巻いてボリュームを出しても、今回のようにコートの間に垂らしてもサマになるラグジュアリーな一本。

 パンツは「PT01」。こちらもコート、ストールと同じくカシミヤを用いた一本。
カシミヤスラックスというこの上なく贅沢な響き。ここ数シーズンでPTの中でも人気のフィッティングとなった“GENTLEMAN FIT”。
大人の余裕を感じさせる程よいゆとりのあるフィッティング。こちらは残りわずかですので、お問い合わせください。

ブーツは「F.lli Giacometti」のジョッパーブーツ。
アッパーにはカーフの中でも更に厳選されたシャトーブリアンと呼ばれる部位を使用。履くほどに輝いてくるレザーの表情は他には出せず、多くのブランドの生産を請け負い質の高いシューズを手掛けてきたからこそなせる業。
ご存知の方も多いでしょうが、ジョッパーブーツといえば今はなきイタリアの名門「Tanino Crisci」が今もなお高い人気を集めている。
本モデルはTanino Crisciのラストを譲り受け、それをモダンにアレンジ。そして当時手掛けていた職人はファクトリーに在籍し生産を手掛けるという靴好きにはたまらないエピソードも備えている。
フロントでクロスするストラップ、美しく立ち上がった甲のライン、職人技の詰まった底付け。一度履くと病みつきになる同ブランド。是非その良さをご体感いただきたい。

バッグは昨年の発売から一気に不動の地位を確立した「ALFREDO BERETTA」のフラップトート。
一目見ればそれとわかるデザインは、以前生産を同社が請け負っていたからこそ。今回はこれまでのゴールドからシルバーへバックルカラーへ変更してオーダー。
もちっとして手によく馴染むシュリンクレザー、開けてもラグジュアリーさの感じられるスエードライニング、使い手を考えた収納力。
一度持てば他のが持てなくなるほどの使いやすさ。一生モノとしてオススメしたい逸品。
初回入荷分は店頭にて即完売!現在再入荷待ちの状態ですので弊社の再入荷リクエスト機能をご活用ください。

冒頭部分の問いに対する答え。それははやはり素材感。
カシミヤ、最高級のウール、カーフ、シュリンクレザー。見ただけではわからずとも触れればきっとわかるこの高級感。
一目置かれるオトコになるなら、素材にこだわって差をつけてみては。

RANKING

  • MEN'S
  • LADY'S
ページトップへ
ページトップへ