10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

情熱の赤、差しの赤
Update:2017.10.23

黒、グレー、ネイビーなどなど、ダークトーンが多くなる秋冬のコーディネートは、ついついマンネリ気味になりがち。
そんな時によく出てくるワードが「差し色」
ただそうはいってもどの程度、そしてどの様な色をチョイスしたらいいのか難しいし・・・・という方に!
Sugawara ltdのおすすめカラーは「赤」です!赤といっても、トーンの明るい赤にしてしまうと色の強さが目立ってしまうので、服への熱い情熱は抑えて落ち着いたトーンをチョイスすると馴染みも良いです!
そんな赤、DENHAMにありました。
ワインレッドに近いような落ち着いたトーンの赤にヘリンボーン柄の編みを施すことにより、光の当たり加減で陰影の差が出るという1枚で2度も3度もおいしいニット。
ざっくりとしたシルエットながら、サイドの深めに入ったスリットでストンと落ちるシルエットになっておりますので、見た目以上にすっきり。
ボトムにもDENHAMを。
膝下がすっきりと見えるシルエットで、大人のボーイフレンドデニムは濃いめのインディゴをチョイスすることで締まった印象に。
足元にはFABIORUSCONI。ポインテッドトゥのモデルを選ぶことでパンツからのすっきりとした流れを生かして足元までスマートに。
ハットはdoriaを。ドレッシーな風合いのアイテムで足元だけでなくこちらもスマートな印象を。


ニットのざっくりとしたボリューム感を足元や小物で締めて、きりっとした印象に仕上げて、秋冬のニットコーデをお楽しみください!

ページトップへ
ページトップへ