10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

懐かしいとは言わせない大人ダッフル
Update:2018.11.23

様々なコートが世の中に出回っている今。
チェスターコート、ダウンコート、ファーコート・・・そこに忘れてはいけないのが“ダッフルコート”。
その起源は何なんだろうと思って調べてみたら、軍服、ヨーロッパのある街で生産された生地を使って・・・などなど、なんか調べたら楽しく着られなそうなきがしたのでそっと見るのをやめました。

今回はダッフルコートを使ったコーディネートをご紹介。
なんかこの丈のダッフルって新鮮じゃないですか?ここ最近はショート丈ダッフルが市場を賑わせ、やや忘れられがちに。
今季初登場の「INVERTERE(インバーティア)」はショート丈に食傷気味だったところにグサッと刺さる見事な一着だったんです。
ウールの厚めの生地+ヘリンボーン織、伝統的な作りのThe ダッフルがそこにありまして。
ただ、ネイビー、キャメルといったカラーでは懐かしいだけの一着になってしまう、大人が今着たいと思う色って・・・と考えた結果の”オフホワイト”。
真っ白でもなく、ベージュでもなく、オフホワイト。この色味が絶妙に品よく、学生っぽくならないんです。
以前はあのHERMESもその作りを認めていたINVERTERE。生地生産の関係でしばらく第一線から退いていましたが、ついに復活。
カラーだけでなく、シルエットも今なすっきりとしたシルエットに仕上げていますので、懐かしいといいつつ袖を通せば、新たな世界が開けるかもです。

パンツは「PT01」のテーパードパンツを。
ベルトレス、裾のダブル仕上げとコートの出身地と同じイギリスの雰囲気を感じさせるディテールがある一本。
ダッフルのほっこりとした質感と相反するソリッドな感じがまたたまらないんです。
シューズも同様。「VITTORIO VIRGILI」のガラスレザーの無機質な感じ、光沢感とコートとの組み合わせが何ともアンバランスな感じがするのに、調和してしまう、アイテムの質の高さ。
ブラックにまとめているので、よりコートが引き立ちます。

人に二面性があるとなかなか信頼しにくいですが、小物の二面性は大歓迎。
alteaのストールとPELLICOのバッグは表裏で柄やカラーが異なり、コーデに合わせて変わってくれる優れもの。
きれいめでも使えるアイテムなので、様々なシーンに使えます。

懐かしいとは言わせないダッフル。
そのコツはアイテムの素材感と質にこだわることと、やっぱりシルエット。すっきり仕上げるのが大人のダッフルの着こなし。

RANKING

  • MEN'S
  • LADY'S
ページトップへ
ページトップへ