10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

夏のお洒落に差がつく一ひねり
Update:2018.06.23

 

間もなく夏本番。
夏のご予定は皆様もう立てておりますでしょうか?
旅行、海、山、花火、バーベキュー・・・楽しみなイベントは夏に目白押し。
個人的にはどうしてもアウトドアシーンなので、暑い→汗をかく→洗濯しやすい服にする。
という思考で楽なファッションになりがちなんです。
ただ、そこをぬかりなくしっかりお洒落に、でも決めすぎないっていうのが大人のたしなみ。

本日ご紹介のコーディネートはそんな大人の“余裕”が感じられるコーディネート。
「Guy Rover」のシャツはボタニカル柄の刺繍が施された、サマームード漂う一着。
オープンカラー風にも着ることができる襟元、ボックスシルエットですので、羽織るのにぴったり。
日中暑くても夜になったら冷えてきたりするのが夏ですので、そんな時に備えて羽織りが一枚あると重宝するんです。
忘れてきて寒そうにしている女性に貸してあげるなんてサラッと出来たら花火やらバーベキューなんてそっちのけで二人の世界に入っちゃうかも。

Tシャツは「GIRELLI BRUNI」のヘンリーネック。昨年初登場のこちらのブランドはとにかくソフトな肌触りと高級感のある質感が魅力。
一枚になった時にどれだけかっこいいかというのもポイントですので首元がよれっとしてるなんて絶対NG。
ヘンリーネックでちょっと変化をつけつつ嫌味なく品の良さをアピール出来たら最高です。
ちょっと変化と言えばショーツもポイント。「J.W.BRINE」のショーツは無地かと思いきや全体に細かく刺繍が入っております。
刺繍のきいたシャツとはケンカせず、Tシャツ一枚になった時はほんのり刺繍が引き立つ。
コーディネートで見え方が変わる万能な一本は持っておいて損なし。

「Fratelli VANNI」のサンダルはもう見るからに上品。イントレチャートのクロスストラップは合わせ方によってはいかにもな雰囲気になりがちです。
そこをあえてカジュアルに崩す。大人の余裕はこういうところに現れます。

こういう時はBAGも必需品。羽織っていたものを入れたり、ドリンクを入れたり。
何かのタイミングで濡れることもあり得るシーン、濡れても大丈夫なキャンバス地を選ぶのは重要です。
更に重要なのはその他とかぶってしまいそうなアイテムでどこに差をつけるか。


「PELLE MORBIDA」のトートはレザーと切り替えることで崩しすぎない、締まった印象のアイテム。
しっかりと自立もしてくれますので、持っている人同様にだらしなく見えず、物の出し入れも快適です。

忘れてはいけないのが小物。肌見せの時期でもありますので、「Progetto Fede」のアンクレットなんかはさりげないながらも存在感のあるアイテムで夏のアクセにピッタリです。

定番のアイテムだけど、、どこかに一つ他と違うところがある。
あからさまじゃないけれど見ているとわかってくる、そんな一ひねりのあるアイテムを自然にチョイスできるのが大人の男性なのかも。

ページトップへ
ページトップへ