10.000円(税込)以上お買い上げで送料無料!
条件を指定して商品を探す

STYLE BOOK

キレイ色+ベーシック=2018SSの攻略法!?
Update:2018.05.23

ここ数回にわたって今季のトレンド「キレイ色」をご紹介してきました。
ピンク、イエロー、グリーン、そしてインナー、バッグ、シューズと分量も時期によって変えつつ、そしてまだ冬→そろそろ春→春といったように季節感は失わないように。

今回のグリーンはずばり「パンツ」に!
もう春というか初夏ですから、ここまで思い切ってキレイ色を取り入れても誰も文句は言えないでしょう!
キレイ色をウェアに取り入れるなら断然“ヴィヴィット”がおすすめ。
いやーちょっと厳しくない?と思う位のトーンを着た方が色が映えます。
控えめにくすんだ色を使ってしまうと全体の印象がぼけたり、老けて見えたりするおそれあり。
berwichのパンツはカラーリング、シルエットともに着る方の美しさを演出する一本です。

キレイ色に合わせるアイテムは「ベーシック」。
色を生かすためにも他のアイテムのカラー・デザインは抑え目に。がポイント。
今回はどんな色にも馴染む「白」をチョイス。
カットソーよりも“シャツ”がこういう時は便利。シャツの入れ具合で色の分量を調整できます。
Finamoreのリネンシャツは素材独特のシアーな風合いが女性らしさを魅せつつ夏場の暑さを乗り切る清涼感も出してくれます。

トレンドの取り入れ方は難しいところです。入れすぎてもダメ、入れな過ぎてもダメ。
そのさじ加減が悩ましいところですが、ベーシック:トレンド=6:4or7:3位で合わせていくとうまくまとまる気がします。(自分調べ)
過ぎたるは猶及ばざるが如し。ファッションも同様に程々に取り入れるのが重要です!

 

ページトップへ
ページトップへ